2010年01月15日

外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「理解は得られると思っている。今政府内で検討している最中だ。日韓併合100年というタイミングでもあることをもっていろいろ検討している」と述べ、政府提出法案(閣法)として18日召集の通常国会への提出に意欲を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 民主党はこの法案を「結党以来の基本政策」としているが、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)では党内対立を避けるため外していた。だが、11日の政府・民主党首脳会議で民主党側から政府提出法案として出すよう要請があり、政府・民主党間で合意した。

 鳩山首相は民主党幹事長だった昨年4月、インターネット上の動画サイトに出演し「定住外国人は税金を納め、地域に根を生やし、一生懸命頑張っている。参政権ぐらい当然付与されるべきだと思っている。日本列島は日本人だけの所有物じゃない」と発言するなど、これまで提出に意欲的な姿勢を示していた。

【関連記事】
政府・民主党が外国人参政権法案の通常国会提出を確認 国論二分へ?
問題山積の外国人参政権 憲法違反の疑い、キャスチングボートにも…
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 
外国人参政権 自民は反対姿勢を明確に
外国人参政権法案 山岡氏「通常国会で必ず成立」

<消費者ホットライン>全国運用始まる 共通番号で被害相談(毎日新聞)
責任能力など争点に=整理手続きが終了−秋葉原連続殺傷・東京地裁(時事通信)
複数年度予算で有識者検討会=財政再建目標も議論−国家戦略室(時事通信)
<障害者>政府が定義見直し 「社会の制約」考慮(毎日新聞)
<屋久島元社長失踪>「栃木に埋めた」別事件の男供述(毎日新聞)
posted by ぶ0−0 at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。