2010年04月20日

女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン(産経新聞)

 女子高生からのお願いです−。女子高生約200人がJR池袋駅(東京都豊島区)に集まり、痴漢撲滅を訴えるチラシを配った。イベントは警視庁と神奈川、千葉、埼玉の3県警、首都圏の鉄道16社による一斉取り締まりの一環。

 私立高3年の平間美衣さん(17)は「卑劣な痴漢で多くの仲間が心に傷を負っている」と女性の立場から撲滅を呼びかけた。警視庁は21日までの期間中、電車内で痴漢摘発にあたる捜査員を増員。JR新宿駅には相談コーナーを設置する。

 チラシを受け取った千葉県八千代市の大学2年、小林祐太さん(19)は「自分の身近にも痴漢にあった人がいる。男として恥ずかしい」と話していた。

【関連記事】
消防士バス痴漢、ストッキング下げ脚触る
夜行バスでストッキング下げ… 強制わいせつ容疑で東京消防庁職員逮捕
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
首都圏で痴漢集中摘発へ 4都県警と鉄道16社
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕

これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料(産経新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)
日本から韓国へ鯨肉密輸? =米研究者ら調査チームが指摘(時事通信)
posted by ぶ0−0 at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

明るい色彩で描く「重さ」 “異色アーティスト”O JUN(産経新聞)

 異色アーティスト、O(オウ) JUN(ジュン)(昭和31年生まれ)が、いま注目を集めている。最近では大阪の国立国際美術館の「絵画の庭−ゼロ年代日本の地平から」や、東京の国立新美術館の「アーティスト・ファイル2010」などの展覧会に出品。現在、東京で個展も開催され、不思議な絵画世界を見せている。(渋沢和彦)

                   ◇

 東京・市谷田町にあるミヅマアートギャラリーで開催されているO JUN展。入り口付近の壁面に奇妙な1枚の絵が掛けられている。「街」という作品。何が何だか判別できない物の断片があふれ、ぐちゃぐちゃに積み重なる。全体がピンク色のやさしい色彩に包まれているのに対し、画面に塗られた油絵の具は激しいタッチを残す。

 津波をモチーフにした作品だ。平成16年末のスマトラ島沖地震でインドネシアを襲った津波の映像は衝撃的だった。建物が押し流される恐怖のシーン。それがモチーフだろうか。O JUNは、モチーフに対する思い入れはなく、しばしば新聞やテレビで見たものが選ばれる。が、観る側は明るい色彩と事物をあいまいに表現した奥に恐怖を感じてしまう。

 また、「山の人生」という題のドローイングもある。意味不明な記号やマークのような形はクレヨンやパステルで描かれた。作者は柳田国男の『山の人生』に大きな影響を受けたという。山で生きる人々の生活を記録した本書には、胸を打つ悲しい話が記されている。単純化した無表情の形がある一方で、赤いパステルで描いた山脈などの風景は情念を潜ませたように見える。

 O JUNとはなんとも奇妙な名だろう。本名は非公開にしているが、近年は注目の人気作家。東京芸大で油彩を学び、バルセロナやデュッセルドルフで活動。現在は東京芸大准教授としても活躍している。

 国内外から7人の旬のアーティストの一人として選ばれた「アーティスト・ファイル2010」(国立新美術館、5月5日まで)では、1室の壁面を100点ほどの絵画で埋め尽くした。壁面から押し寄せる大小さまざまな絵画は圧巻で、作家のパワーにさらされる。

 国立新美術館の宮島綾子主任研究員は本展テキストで、「切ないほどにリアリティーを放つ平らな光景を、わたしたちの目の前に開いてくれるのではないだろうか」と解説する。

 一見、明るい色彩を多用しフラットに描いた作品は楽しそうに見えるが、社会性や思想などを秘めたリアルさを持ち、深くズシリと重い。ミヅマアートギャラリーは24日まで開催(日月曜休)。

玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす−熊本県警(時事通信)
増える2学期制、導入の公立小中が5年で倍(読売新聞)
公式の日米首脳会談見送りへ 米側、日程確保厳しく(産経新聞)
飛行船 東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)
光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)
posted by ぶ0−0 at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

<火災>高齢者住宅、入居者同士助け合って避難 1人病院搬送 福岡(毎日新聞)

 10日午前6時半ごろ、福岡市西区姪の浜6、高齢者・障害者専用アパート「メゾンマリノア」から出火、木造2階建て建物1階にある調理場の天井部分など計約30平方メートルを焼いた。出火当時、建物内には60〜80歳代の入居者約25人がいたが、女性(74)が煙を吸って病院に運ばれた以外は無事だった。

 福岡・西署によると、アパートは全4棟に計約40人が暮らす。火災はこのうち1棟の共同調理場で発生し出火当時は男性スタッフ(62)が朝食を作っていた。てんぷら鍋の油の過熱が原因らしい。

 入居者によると、火災報知機が鳴り、比較的足腰が丈夫な2階の入居者が1階に住む体の不自由な入居者を助け出した。避難訓練などはこれまでなかったという。

 アパート運営会社代表によると、当時施設内にはスタッフが3人いた。入居者のほとんどが生活保護受給者。代表は「福岡県に高齢者住宅として登録している。市役所や病院から入居者の紹介を受けている」と話した。

 市高齢者施策推進課によると、アパートは福祉施設としては無届け。市は「施設の存在は知らなかった。旧学生アパートを借りあげ、民間事業者が運営する食事付き下宿のような施設ではないか」と話している。

【関谷俊介、鈴木美穂】

完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
<動物死骸>新たに犬猫の頭骨発見 計180匹に 埼玉(毎日新聞)
首相動静(4月4日)(時事通信)
科学的知見から迅速審理を 毒ぶどう酒事件(産経新聞)
posted by ぶ0−0 at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。