2010年02月04日

「干物好き」がんにご注意 厚労省研究結果(産経新聞)

 塩漬けにした魚や干物、たらこなどの塩蔵食品をたくさん食べる人は、胃がんだけでなく、がん全体のリスクが高まるとの研究結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が4日、公表した。

 津金部長は「胃がんが中心とみられるが、がん全体のリスクを左右するほど塩蔵食品の影響は大きいと考えられる。食べるのを控えれば、がんのリスクを下げることができる」と話している。

 岩手、沖縄など8県の45〜74歳の約8万人を平均約8年間、追跡調査。4476人ががんと診断され、2066人が脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などの循環器疾患を発症した。食生活に関するアンケート結果から、塩蔵食品や、こうした食品を含む塩分すべての摂取量によって5グループに分け、病気との関係を分析した。

 がんのリスクは、塩分摂取量による違いはほとんどなかったが、塩蔵魚や干物を最も多く食べるグループ(1日当たり61グラム)は最も少ないグループ(同0・8グラム)の1・11倍、魚卵では最多グループ(同7・3グラム)は最少グループ(同0グラム)の1・15倍だった。

【関連記事】
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切
寛平さんも…前立腺がん増加 食生活の肉食化、遺伝的側面も
肺がん死リスク8倍…喫煙は「棺桶の釘」
偏りのない食事を 生活習慣点検+検診=がん予防

読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(時事通信)
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
<最低賃金>引き上げ検討、厚労省と経産省が初会合 (毎日新聞)
8階から転落の4歳女児、奇跡的に軽傷 植え込みがクッション効果 東京・国分寺(産経新聞)
失業率改善に「楽観できず」=10年度予算案の早期成立を−首相(時事通信)
posted by ぶ0−0 at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明−福岡大、理研(時事通信)

 福岡大と理化学研究所は、重症糖尿病の根本的治療法として期待される膵(すい)島細胞移植で、タンパク質の一種「HMGB1」が拒絶反応を促し移植効果を妨げることをマウス実験で突き止めた。HMGB1の抗体投与で、拒絶反応を抑え移植効果を格段に高めることも判明。米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション電子版に2日掲載された。
 福岡大の安波洋一教授(再生・移植医学)によると、HMGB1の抗体を治療薬として投与し拒絶反応を抑える方法がヒトでも確立されれば、糖尿病1型の重症患者に対する根本治療として膵島細胞移植の普及が大幅に進む。早ければ4〜5年後には治療を開始できる見込み。 

【関連ニュース】
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も
肥満対策に健康な日本食を=大使館が料理指導
86例目の脳死移植実施
生活指導で脳卒中リスク減=糖尿病患者追跡調査
協和キリン、アジア地域での糖尿病性腎症薬の開発権取得=一時金32億円

ひな人形作り 埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
<神奈川県>「預け金」問題で職員3人を懲戒免職(毎日新聞)
公務員II、III種試験の日程発表=人事院(時事通信)
練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)
posted by ぶ0−0 at 05:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。